ANK免疫細胞療法と分子標的薬の併用による治療設計について

ANK免疫細胞療法と標準治療のがん治療設計

ANK免疫細胞療法と分子標的薬の併用

ANK免疫細胞療法と分子標的薬の併用

ANK免疫細胞療法と併用して相性がよいのは、新しいタイプの抗がん剤である分子標的薬です。分子標的薬は、殺細胞剤のデメリットを克服すべく、数々の研究が重ねられた末に人類がたどり着いた、最先端のがん治療薬です。

がんの増殖を抑制し、がん細胞を殺すNK細胞を呼び寄せる

この「免疫重視」の薬と、免疫細胞療法の相性がよいのは当然といえば当然です。とくに相性がよいのは、ハーセプチンなどのADCC抗体医薬品(NK細胞を引きつけ、そのがん攻撃を助けるADCC活性を持つ抗体医薬品)です。当院は自由診療を行なっているので、保険適用(乳がんや胃がんの一部)にならないがんにも、積極的に抗体医薬品を使っています。

抗体医薬品の作用

すでにおわかりのように、抗体医薬品というのは、一部のがん細胞が過剰に出している細胞表面物質に結合する分子標的薬です。抗体医薬品が標的としているのは、増殖を促す信号などを伝える信号伝達物質のレセプター(受容体)です。そのうち、進行がんが多量に発現しているHER2、EGFRの2つは、臨床上もとくに重要です。

これらは正常な細胞にも存在しますが(とくにEGFR)、がん細胞には異常に多くこのレセプターが生えています。そこで、そこに結合する抗体(抗体医薬品)を入れてやって、増殖信号を受け取れなくするのです。HER2に結合する抗体医薬品の代表はハーセプチン、EGFRにくっつくのはアービタックスなどです。

これらの薬に限らず、分子標的薬は細胞の増殖を促す信号をブロックしてがん細胞の活動にブレーキをかけます(中和活性)。さらに、ADCC活性を持つ抗体医薬品は、近くにいるNK細胞を引き寄せて結合します。そうすると、何が起こるでしょうか。抗体医薬品に引き寄せられたNK細胞は、そこにいるのが正常細胞なら殺さず、がん細胞なら殺してくれるのです。

最強の併用コンビ、ADCC抗体医薬品+ANK免疫細胞療法

問題は、がん患者様の体内では、異常に強い免疫抑制のために、がん細胞を識別・攻撃するNK細胞の活性がのきなみ下がっていることです。仮に活性の高いNK細胞がいたとしても、その数は決して多くはないでしょう。抗体医薬品のADCC活性をフルに活かすには、活性の高いNK細胞が大量にいることが望ましいのです。

そこがANK免疫細胞療法の出番です。体外で活性を高め、攻撃力を強めたNK細胞を大量に体内に戻せば、単独でもがん細胞を強力に攻撃します。そのNK細胞をADCC抗体医薬品が呼び寄せれば、最大限効率よく、がん細胞をつぶしていくことができることになります。ですから、この場合の併用は、殺細胞剤とは違って「同時併用」です。

イメージとしては、NK細胞ががんを殺す速度が数倍になると思ってください。まさしくNK細胞がスナイパーになり、がんが増殖する前に殺し続けるのです。私は、前にも述べたように、保険適用外のがんでも、HER2陽性ならハーセプチンを使い、EGFR陽性ならアービタックスを使います。それが本来の薬剤設計だからです。

また、抗体医薬品は通常、標的抗原(ハーセプチンの場合はHER2)の異常発現の度合いを検査で判定し、一定の基準値を超えていた場合に投与します。当院でもそうした目安は参考にしますが、経験的に「使ったほうがよい」と考える場合は、基準値以下でも自分の裁量で抗体医薬品をANK免疫細胞療法と併用します。

ADCC活性

がん治療無料相談センター

お問い合わせ・資料請求はこちら