ANK免疫細胞療法と標準治療の治療の併用について

ANK免疫細胞療法と標準治療のがん治療設計

がん治療設計の重要性

がんの性質や状態は、人によって千差万別です。そのため、個々の患者様に合わせて、治療法の組み合わせや、その順番を考えることを「がん治療設計」と呼んでいます。

「がん治療設計」のゴール

がんと診断されたら、免疫細胞療法と標準治療の組み合わせを早期に考え、本気で完治を目指す治療設計にするべきだと考えています。例えば、「抗がん剤はぜひ受けるべきだが、その前にリンパ球を採取して強いNK細胞を育てておきましょう」「今は手術不能ですが、ANK免疫細胞療法が効いて転移巣が消えたら手術できる病院に紹介しましょう」と、早期がんからトータルに、がんを完治させる治療を考えることができます。

がん治療は、さまざまな性質を持つがんに対して、一律の手順を当てはめてもうまくいくとは限りません。臨床医の使命はデータを取ることではなく、病気を治して命を救うことですから、物事を柔軟に考え、臨機応変に変更することが必要になるのです。

保険診療と自由診療のかけもちの図

胃がん治療とANK免疫細胞療法の併用について

胃がんの治療方法とANK免疫細胞療法との併用についてご紹介しています。

大腸がん治療とANK免疫細胞療法の併用について

大腸がんの治療方法とANK免疫細胞療法との併用についてご紹介しています。

肺がん治療とANK免疫細胞療法の併用について

肺 がんの治療方法とANK免疫細胞療法との併用についてご紹介しています。

がん治療や免疫療法について無料個別相談会を行っております。お気軽にお申し込みください。

がん治療無料相談センター

お問い合わせ・資料請求はこちら