がんのステージごとに治療法が違うのですか?。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

がんのステージごとに治療法が違うのですか?

一概には言えませんが、初期のがんには手術療法が推奨されます。がんは発生後しばらくはその場所に留まりますが、しばらくすると血液やリンパ液の流れに乗って全身に転移してしまいます。発生した箇所に留まっているうちに手術で切除しましょう。

全身にがんが散り、明らかに転移していることが判明した場合、抗がん剤などの全身療法による治療が必要になります。

がんが発生した部位や段階によって治療法を組み合わせ、最適な治療法でがんに対抗していきます。

しかしANK免疫細胞療法はどのステージのがんにも効果があります。ANK免疫細胞療法は、がん細胞を退治する強力なANK細胞を患者様の体内に点滴することで、患者様自身が本来持っている免疫力を高めて体の内側からがん細胞を追い詰めていきます。患者自身が本来持っている免疫力を利用するため、抗がん剤に耐性ができたがん細胞にも有効ですし、血液を通じて全身を巡るため、体のあちこちの部位に転移したがん細胞も退治します。

注意した方がよい点は、がん細胞の数が多過ぎたり、勢いが強すぎたりするとANK細胞は圧倒されてしまい、がん細胞に対して本来の効果が出るのに時間がかかってしまうということです。

そのため、がんと宣告されたら一刻も早くANK免疫細胞療法専門医にご相談ください。がんとの闘いに勝つためには、手術、抗がん剤、放射線治療などの標準治療と、がん治療の最先端研究の成果であるANK免疫細胞療法を併用することが、最善の治療法です。また、がんによってNK細胞が傷つけられないうちに体内から取り出して培養する必要があります。治療を始めるのは早ければ早いに越したことはありません。

体内でがんの数が少なく、勢いが弱いうちに標準治療とANK免疫細胞療法を併用してがんの根治を目指しましょう。

がん治療無料相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

以下の検索窓からもがんの症状や治療法方法をご検索いただけます。

お問い合わせ・資料請求はこちら