セカンドオピニオンは受けたほうがいいのでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

セカンドオピニオンは受けたほうがいいのでしょうか

がん治療の方針はガイドラインで定められていますが、初めてかかった医師の診断や治療方針に、患者様が疑問を持つこともあるでしょう。命に関わる病気ですから、尚更です。そうしたとき、初診を受けた病院以外の医療機関で意見を求める、「セカンドオピニオン」という選択肢があります。


かつてのがん治療は、担当医の治療方針に従うというのが一般的でした。自身の治療法を絶対とする高圧的な医師もおり、患者様にとってはセカンドオピニオンが受け難い環境でした。


現在では、セカンドオピニオンを受けることはむしろ推奨されています。命に関わることについて、「第二の意見」を聞く権利は患者様にあります。転院や担当医の変更を求めているわけではないので、病院側に遠慮する必要もありません。


セカンドオピニオンを受けたいときは、担当医にその旨を伝えて資料を用意してもらいましょう。診療情報提供書や検査結果、検査記録などが必要になります。なお、セカンドオピニオンはどの病院でも自費診療となります。保険が利かないので注意しましょう。


最終的にどの治療を選ぶかは、患者様にしかできない判断です。ご自身が本当に納得できるかどうか、よく考えて決めてください。

ただし、セカンドオピニオンにも限界はあります。


自費診療でなく保険診療の病院に相談すると、医師から提案される治療方針は、保険診療の範囲内に留まります。保険診療に含まれる療法は、主に手術・放射線・抗がん剤による「延命」のための治療です。


もしも患者様が進行がんで、最終的に元気になりたい、完治したいと希望しているならば、保険診療内のセカンドオピニオンでは物足りないかもしれません。

自由診療で提供されている先端医療や、全身療法などを取り入れていくために、自費診療の病院で意見を求めると良いでしょう。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら