標準治療にデメリットはあるのでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

標準治療にデメリットはあるのでしょうか

日本のがん治療の主流である三大療法(外科手術、放射線治療、抗癌剤治療)の最大の問題点は、飛び散る転移がん=進行がんを一掃する治療方法がないということです。
そのため、最終的に寛解(癌などの難治の病気治療で症状が改善されること)に至る治療効果の望みはとても薄いものになってしまうのです。

三大療法で飛び散る転移がんを治療する際には、手術で大きな腫瘍を取り除いた後に、抗癌剤治療による化学療法で残存がんに闘いを挑むことになります。しかし、そのがん治療効果は概して芳しいものではなく、遠隔転移した胃がんの場合、5年生存率はわずか5.5%にすぎません。

多くのがん患者様が受けている保険診療の医療機関による標準治療は、全身に飛び散る転移がんに対しては、可能性が低いのが現実です。標準治療のみで癌治療を行う発想には無理があり、根治治療は困難だと言わざるを得ません。自由診療のクリニック受けられる先進医療を視野に入れることも選択肢の1つかもしれません。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら