現在受診している先生(病院)には話した方が良いですか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

現在受診している先生(病院)には話した方が良いですか

標準治療とANK免疫細胞療法を併用するといっても、1つの病院ですべての治療を受けられるわけではありません。 ANK免疫細胞療法を受ける前に、標準治療を受けている病院の主治医から許可をもらう義務や制約はないのですが、標準治療を受けている病院の主治医の先生にも快くご協力いただけるように、よいコミュニケーションを保つことが肝要かと思います。

主治医に対して色々な相談の形がありますが、例えばセカンドオピニオンのために紹介状を希望である旨をお伝えいただくのもいいと思います。ただし、患者様のご事情で主治医の先生に紹介状を依頼できない場合は、現状手持ちの資料をお持ちください。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら