膵臓がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

膵臓がんの症状はどのようなものでしょうか

膵臓がんは、60代ころから罹患率が増加する、高齢になればなるほどかかりやすくなるがんです。

罹患者数と死亡者数がほぼ同じ、つまり、生存率の低い、治りにくいがんです。

膵臓がんが治りにくいがんである理由は、臓器が体の奥に位置しているため、早期発見が難しいからです。発見されたときには既に転移が進んでしまっているケースが多いのです。

膵臓がんは、罹患者数、死亡者数ともに年々増えています。最もかかりやすい年代は60代です。

膵臓がんは、初期では、体重の減少、食欲の減退、腹部の痛み、背中の痛みなどの症状があらわれますが、これらはどれも膵臓がん特有の症状ではありません。

さらに、膵臓は身体の奥にある臓器であるため、膵臓がんは早期発見の難しいがんです。

そのため、膵臓がんは、発見されたときには転移が進んでいるケースが多いがんです。

初期の症状はしばらく続いた後におさまり、数か月後に再びおこります。

症状が再発したとき、既にがんは進行しているのです。

膵臓がんには、野菜不足や高脂肪食、飲酒、喫煙などといった生活習慣が大きな影響を及ぼしています。

さらには、糖尿病とも関連があるといわれています。

糖尿病の方は特に、注意しておくべきがんなのです。

がん治療無料相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

以下の検索窓からもがんの症状や治療法方法をご検索いただけます。

お問い合わせ・資料請求はこちら