卵巣がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

卵巣がんの症状はどのようなものでしょうか

卵巣がんは、女性特有のがんです。

女性ホルモンを分泌する臓器である卵巣に発生します。

女性の性器がんのうち3割ほどを占めており、死亡率が高いことが特徴のがんです。

卵巣がんは、初期症状はほとんどありません。

がんが進行していくと、不正出血、月経異常、腰痛、便秘、頻尿、下腹部の痛み、腹部の張り、体重減少、貧血などといった症状がみられます。

あわせて、重度の月経前症候群や月経不順がみられる卵巣がん患者もいます。

卵巣がんは、家族歴が主な原因です。

家族歴があると、約3倍卵巣がんにかかりやすいとされています。

その他、喫煙などの生活習慣、高血圧、糖尿病も卵巣がんと関連があるといわれています。

卵巣がんは検査が難しく、また初期で自覚症状がないため、がんと診断されたときには既に進行していることが多いものです。

違和感を覚えたらすぐに医療機関に相談し、内診などの検査を受けるようにしましょう。

がん治療無料相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

以下の検索窓からもがんの症状や治療法方法をご検索いただけます。

お問い合わせ・資料請求はこちら