胃がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

胃がんの症状はどのようなものでしょうか

がんは、すべての部位の中で日本人罹患が最多のがんです。
死亡でも、肺がん大腸がんいで3位になっています。

早期段階では、空腹のときにみぞおちが痛む、胸焼けする、出血消化不良など、胃潰瘍に似た症状がでることがあります。
進行していくと体重減少貧血食欲減退などといった症状が出ることがありますが、がんの症状の特徴は、進行がんでもおよそ半数患者に何の症状も出ないことです。

がんは、の中の環境がよくない場合に発症します。
アルコールのほか、香辛料や塩分などといった刺激の強いものを過剰摂取することががん原因になります。
また同様に、の中の粘膜刺激するたばこがんを引き起こします。ピロリ菌原因のひとつです。

がんは、部位がんと比較すると治りやすいがんだといわれます。
胃カメラ内視鏡検査などで早期発見早期治療に努めることが完治の鍵となります。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら