大腸がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

大腸がんの症状はどのようなものでしょうか

がんは、罹患者数死亡率ともに加しているがんです。
日本では、罹患者数死亡者数ともにすべての部位のがんの中で2番に多くなっています。

がんは、早期段階ではほとんど症がみられないがんです。
がんができた部位にもよりますが、進行していくにつれて、腹部痛みが出てきたり、血便が出たり、便が細くなったり、下痢便秘繰り返したりするなどといった症がでます。

がんの検査方法は、大内視鏡検査一般的です。
がんのや大きさなどを精度で検査ができるものですので、違和感を覚えたらすぐに病院受診するようにしましょう。検査でがんを早期発見し、早期治療することが根治可能性まります。早期にがんが発見できれば、内視鏡治療などで腫瘍を取り除くことが望ましいです。発見が遅れ、がん細胞全身転移し、ステージ進行してしまうと根治可能性が低くなります。

また大がんは食生活欧米化原因一つとして挙げられます。
健康的な食事を摂るように意識し、未病予防に努めることも大切です。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら