肝臓がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

肝臓がんの症状はどのようなものでしょうか

肝臓がんは、年間に4万5000人ほどがかかり、3万人ほどが亡くなるがんです。

診断技術と治療レベルの向上によって死亡者数は減少していますが、罹患者数は横ばいのままです。

肝臓がんは、年間に4万5000人ほどがかかり、3万人ほどが亡くなるがんです。診断技術と治療レベルの向上によって死亡者数は減少していますが、罹患者数は横ばいのままです。

肝臓がんは、症状がでないことが多いですが、場合によっては食欲不振や、長期間にわたる微熱、色の濃い尿がでる、むくむ、黄疸、食欲不振、便通の以上、腹水、貧血などの症状がみられることもあります。

肝臓がんは、肝硬変を経て発症することが多いがんです。ですから、肝硬変にならないように努めること、肝硬変になっても早期発見するために肝炎ウイルス検査を受けることが肝臓がんの予防になります。

肝臓がんは、症状がでにくいため、気づいたときには末期の場合が多いものです。定期的に検査を受け、早期発見・早期治療に努めることが重要です。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら