乳がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

乳がんの症状はどのようなものでしょうか

乳がんは、女性において発症率が最も高いがんで、患者数が増加し続けているがんです。男性も発症しますが、最もかかりやすいのは40代~50代の女性です。

乳がんの症状で最も代表的なのは、しこりです。しこりの他には、分泌液と乳腺の引きつれがみられます。分泌液は、赤茶色の、血液の色のものが出たら注意してください。乳腺の引きつれは、片手をあげたときに感じるものです。

乳がんは、触診とマンモグラフィー検査で見つけることができます。触診については、自分でもできます。週に1回など、頻度を決めてこまめにチェックしましょう。違和感をおぼえたら、すぐに医療機関に相談してください。

乳がんの原因は、女性ホルモンのエストロゲンの過剰分泌です。エストロゲンは、肥満だったり、出産・授乳経験がなかったり、長期間にわたり月経があったりする女性に多く分泌されます。

あてはまる方は、特に注意して自分で触診する習慣をつけるようにしてください。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら