膀胱がんの症状はどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

膀胱がんの症状はどのようなものでしょうか

膀胱がんは、男性がかかりやすいがんです。

男性罹患者は女性に比べて4倍ほど多いとされています。

男女ともに、60代以降がかかりやすいがんとなっています。

膀胱がんの症状としては、血尿が最も一般的です。

血尿と一口にいっても、排尿時に痛みがある場合も、痛みがない場合もあります。

また、血のかたまりが出るケースもあります。

血尿の他には、膀胱炎と似た症状があらわれます。

具体的には、頻尿になる、排尿痛をおぼえる、残尿感があるといった症状です。

また、膀胱がんが広がっていくと、背中に鈍痛を感じることもあります。

膀胱がんの最大の原因は、喫煙です。

喫煙者は非喫煙者に比べて2倍以上も膀胱がんを発症しやすいといわれます。

特に喫煙歴のある方で、60代以上の方は、症状が出たらすぐに医療機関に相談するようにしてください。

がん治療無料相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

以下の検索窓からもがんの症状や治療法方法をご検索いただけます。

お問い合わせ・資料請求はこちら