がんと診断されたらまずどうすればいいのでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

がんと診断されたらまずどうすればいいのでしょうか

自分の状態について理解すること

がんと診断されたら、ショックを受け、動揺し、何も手につかなくなって当然です。

家族や知人に率直な気持ちを打ち明けるなどして、少しでも冷静に考えられる状態を待ちましょう。


少し冷静になったら、ご自身の状態について理解しましょう。

担当の医師に、ご自身が納得できるまで質問を重ねることです。

ご自身の状態が理解できたら、次は治療についても納得いくまで質問しましょう。


担当の医師と患者といっても、人間と人間ですから、相性が合わないこともままあります。

担当医に不安があるときは、不安な状態のままでいるのではなく、セカンドオピニオンで別の医師の話をきくのも一つの手です。

がんの相談窓口に相談する

がんの相談窓口として、がん相談支援センターがあります。

がん相談支援センターとは、がん診療連携拠点病院や地域がん診療病院、小児がん拠点病院に設置されている相談窓口で、全国にあります。相談には費用がかからず、その病院に通院している人でなくても、誰でも利用できる窓口です。

がん相談支援センターで相談できるのは、相談員としての研修を受けたスタッフで、施設によっては栄養士や薬剤師などの専門家とも連携しています。


国立がん研究センターが運営するサイト「がん情報サービス」によると、がん相談支援センターで相談できるのは、主に以下の通りです。


・検査・治療・副作用について

・医療者とのコミュニケーションについて

・経済的負担や支援について

・がんの予防や検診について

・療養生活の過ごし方について

・社会との関わりについて

・家族との関わりについて

・緩和ケアについて

・心の問題について


がんについて全般的な相談ができますので、まずは気軽に話してみるのもいいでしょう。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら