がんの再発・転移の違いとその対策を教えてください。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

がんの再発・転移の違いとその対策を教えてください

がんの再発と転移とは

がんが最初に発生した部位は、原発巣(げんぱつそう)と呼ばれます。外科手術により完全に切除したと思われていたものの、残っていた微小ながん細胞が再び増殖してしまうケースや、抗がん剤治療や放射線治療によって縮小したかに思われたがん細胞が再び大きくなるケースがあり、これらを「再発」といいます。

一方、「転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所である原発巣から血管やリンパ管へ入り込み、血液・リンパ液によって別の部位へ移動し、そこで増殖することをいいます。

再発・転移を防ぐには

がんが目に見える大きさになったときには既に転移しており、外科手術のみによる完治は難しいといわれています。しかし、がんの種類によっては、再発や転移の可能性や転移する部位の予測を立て、再発・転移の可能性を減らす治療も可能です。

ANK免疫細胞療法のメリットは、体のあちこちに散らばった転移がんでも、目に見えない微小ながんでも、がん細胞を最後まで追いつめて、しらみつぶしにしてくれることです。全身病としてのがん、小さいがん、見えないがんに対しては、これほど優れた免疫療法はありません。標準治療後に微小ながん細胞に対して全身的に攻撃ができるANK免疫細胞療法は、治療後の再発予防治療としてもは重要な役割を果たします。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら