そもそもなぜがんになるのでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

そもそもなぜがんになるのでしょうか

実は、がん細胞は私たちの体内で一日に数千個が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を「免疫システム」がどんどんしらみつぶしに殺しているため、これが働いているうちは、がんにはなりません。免疫力が低下するとがんになるのです。

免疫システムの主役がNK細胞

がん細胞を殺す免疫システムの主役がナチュラルキラー細胞(NK細胞)です。私たちの体内には数百億ものNK細胞がいて、がん細胞が腫瘍をつくる前に、見つけしだい攻撃して殺しています。NK細胞がパトロールしてくれるおかげで、私たちはめったにがんになることはないのです。がんに対する「免疫力が高い」ということは、このNK細胞が活発に活動しているということなのです。

NK細胞によるがん攻撃

免疫力の低下ががんを招く

しかし、このNK細胞の働きがよくない、免疫力が低下した状態になると、慢性の炎症が続いているところに、細胞の性質が徐々に変わってきて、がんになります。がんのできる部位によって違いはあるものの、大腸がんの場合は、前がん状態のポリープの細胞ができると、そこにさらに遺伝子の損傷(変異)が重なり、段階的にがん化するケースがほとんどなのです。前がん状態や早期がんの細胞のDNAを調べると、正常細胞とは異なる遺伝子の異常が見られます。そして、より進行したがん細胞では、その遺伝子の異常が増えるとともに、細胞の形がどんどん悪くなっていくのです。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら