がん(がん細胞)とは何ですか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

がん(がん細胞)とは何ですか

がん細胞は、外から入ってくる異物ではなく、もともとは体内にあった細胞が変異したものです。遺伝子が損傷を受けて突然変異を起こし、異常に増殖するようになった細胞が、何億個にも増えてかたまり(腫瘍)をつくり、固形がんになるのです。

正常な細胞ががんになる図

がんは毎日発生している

固形がんの発端となるがん細胞は、活性酸素やストレスの影響により、私たちの体内で一日に数千個が発生していると考えられています。しかし、がん細胞を「免疫システム」がどんどんしらみつぶしに殺しているため、このシステムが作用してるうちは、がんにはなりません。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら