ANK免疫細胞療法はどの種類のがん(癌)にも効果がありますか。。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

ANK免疫細胞療法はどの種類のがん(癌)にも効果がありますか。

あります。

当院が推奨しているANK免疫細胞療法は、胃がん、肺がん、前立腺がん、乳がんなどがんの種類を問わず治療が可能で、また白血病でも治療実績があります。汎用性が高い理由をご説明いたします。

がん(癌)の治療法は二つに分類することができます。一つは局所療法です。局所療法は、がん細胞が集中している箇所を狙い撃ちする治療法で、手術や放射線治療などが挙げられます。

もう一つは、全身療法です。全身療法は、がん(癌)ができた部位だけでなく、目に見えない形で全身に散らばったがん細胞をも根絶する治療法で、標準治療の抗がん剤、分子標的薬を使用した治療やANK免疫細胞療法などが挙げられます。

抗がん剤のデメリットは、がん細胞とともに正常細胞も破壊してしまうことです。また、抗がん剤では、さまざまな性質のがんに分化する前の細胞・がん幹細胞を見いだして退治することはできないため、がん(癌)の根治は不可能です。それに対してANK免疫細胞療法は、がん幹細胞を含めたがん細胞だけを殺す免疫細胞を増強し、免疫力を高めてがんに対抗する治療法です。免疫細胞が全身に散らばるがん幹細胞を退治し、がんを根治するのです。

これが、ANK免疫細胞療法がどの部位にも効果があり、汎用性が高い理由なのです。

がん治療無料相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

以下の検索窓からもがんの症状や治療法方法をご検索いただけます。

お問い合わせ・資料請求はこちら