NK細胞とはどのような細胞のことですか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

NK細胞とはどのような細胞のことですか

NK細胞は、がんに対する免疫となる細胞のことを指します。

現在定説となっている「免疫監視機構」説では、「がん細胞は健康な人の体内でも日常的に発生している。その数は一日に数千個とも推計されるが、NK細胞が全身をパトロール(免疫監視)し、見つけしだい殺しているので、がんにならない」と言われています。

この定説を紐解くと、NK細胞の特徴が見えてきます。

健康な人の血液にがん細胞を混ぜると、がんの種類を問わず、数日でがん細胞が消えてしまうという現象があります。これは、免疫の研究者たちの間でよく知られた話です。

このとき、体内でなにが起きているのかと言うと、がん細胞の表面には無数の綿毛のように糖質・たんぱく質のひげが生えているのですが、そのバランスから異常を察知し、がん細胞だと区別して攻撃を開始します。NK細胞はがん細胞にパーフォリンという物質(槍)で穴を開け、アポトーシス(自爆)に追い込むグランザイムという物質(爆弾)を注入します。するとがん細胞は崩壊し、消えていくのです。

加えて、NK細胞はがん細胞と正常細胞を区別して攻撃する性質があり、正常な細胞を殺すことはありません。自らの体から何十種類ものセンサーを突き出し、細胞の異常性を見分けて瞬時に攻撃するという特徴があります。

人の体内には1000億個のNK細胞がいると推定されており、これらががん退治の主役となるのです。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら