ANK免疫細胞療法と標準治療の治療設計とはどのようなものでしょうか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

ANK免疫細胞療法と標準治療の治療設計とはどのようなものでしょうか

ANK免疫細胞療法は患者様の免疫力を高め、全身に転移したがん細胞を叩くことができますが、大きながん細胞を叩くには時間がかかります。一方、標準治療は勢いのある大きながんは叩けますが、患者様自身の免疫にダメージを与えてしまいます。
がんの治療設計とはお互いのメリットを採用しつつ、デメリットを相殺させる補完関係を構築するというものです。

たとえば、大きな腫瘍や勢いよく増殖しているがんを治療する場合、まずリンパ球を採取して、NK細胞の培養を始めます。そして、その間に標準治療(手術、放射線、化学療法など)で、効率よく腫瘍を縮小させ、がん細胞を減らします。その後、培養したNK細胞を体内に戻すANK免疫細胞療法を行なえば、標準治療で数を減らしたがん細胞に対してANK細胞が優位に立ち、しらみつぶしにして完治に導くといったイメージです。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら