がんを攻撃する免疫細胞として、NK細胞とCTLの名前があげられますが、その2つのいちばん大きな違いはなんですか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

がんを攻撃する免疫細胞として、NK細胞とCTLの名前があげられますが、その2つのいちばん大きな違いはなんですか

考えるNK細胞と考えないCTL

がん細胞には個性があって、厳密にはすべて同じものではありません。そして、しばしば変異する、つまり性質を変えるのも特徴です。活性が高いNK細胞は多種多様なセンサーを表面に出しており、がん細胞が姿を変えてもそのセンサーで識別することができます。

一方、CTLは細胞固有の認識番号のようなものを識別し、攻撃します。この番号は非常に種類が多く、正常細胞にもついています。ただし、正常細胞を認識するCTLの前駆細胞は、胸腺で成熟段階の途中で排除されます。胸腺でも選別されて成熟したCTLのなかには、正常細胞と異なる識別番号をもつがん細胞だけを攻撃するものが含まれます。しかし、膨大な種類がある個々のがん細胞の認識番号におのおの対応するCTLは非常に数が少なく、しかも、そのがん細胞がわずかでも変異すると攻撃しなくなります。

というこで、考えるのがNK細胞、考えないのがCTLというイメージになります。また、活性化NK細胞はがん細胞を破壊する攻撃力も強く、CTLの攻撃力はそれに比べるとかなり弱いものです。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら