ANK免疫細胞療法はどの部位のがんにも効果がありますか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

ANK免疫細胞療法はどの部位のがんにも効果がありますか

ANK免疫細胞療法のメリットは、体のあちこちに転移したがんでも、目に見えない微小分散がんでも、がん細胞を最後まで追い詰めて、しらみつぶしにしてくれることです。全身病としてのがん、小さいがん、見えないがんに対して、これほど優れた治療法はありません。標準治療では困難な進行がんの完治を望めることが、ANK免疫細胞療法の大きな特長なのです。よって、がんの部位によって有効性に大きな違いはないと考えられます。

重要なのは患者様の免疫状態です。標準治療をやりつくして、免疫が落ちている状態だと、ANK免疫細胞療法でも手に負えない場合があるのです。

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら