ANK免疫細胞療法とその他の免疫治療との違いを教えてください。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

ANK免疫細胞療法とその他の免疫治療との違いを教えてください

現在、「免疫細胞療法」と呼ばれる治療法はいくつもあり、その中には少量のナチュラルキラー細胞(NK細胞)を含むリンパ球を使うことから「NK細胞療法」という名称を使うものもあります。当院で実施する「ANK免疫細胞療法(ANK細胞療法)」はそれらとは全く別物の免疫細胞療法です。培養の難しいNK細胞を特異的に増殖活性化しているのが、ANK細胞療法の特徴です。

ANK免疫細胞療法とNK細胞療法との違い

ANK免疫細胞療法NK細胞療法
リンパ球の採取法 循環血液中のリンパ球を分離採取 全血採取
1回の採血量 500~8000ml相当の血液からリンパ球を採取 20~50ml
採取リンパ球の数 数十億個レベル 数百万個レベル
採取リンパ球の活性 活性が高い リンパ球採取に劣る
採血の頻度 1クール12回の点滴分を一度に採取 点滴のつど次回分を採血
培養細胞の中身 NK細胞のみを特異的に増殖・活性化 リンパ球全体を増やし、その一部にNK細胞が含まれる
細胞数の増殖倍率 NK細胞を数十〜数百倍増殖 NK細胞を数倍(T細胞が数千倍に増殖してしまう)
目標とするNK細胞数 1クールで100億個 一回の点滴で数十万〜数百万個
(T細胞は数十億個)
培養細胞投与の頻度 1週間に2回点滴 2週間に1回点滴(3ヶ月6回で1クール)など
発熱 40度前後の高熱が出る 発熱なし
がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら