免疫細胞療法とはどういう治療法ですか。がんの症状・お悩み相談。

がんの症状・お悩み

免疫細胞療法とはどういう治療法ですか

私たちの体内には、体を守る免疫システムの担い手として、さまざまな免疫細胞がいます。その免疫細胞を活性化する治療法が免疫細胞療法です。

免疫細胞療法の仕組み

免疫細胞とは何か? わかりやすいところでは、血液中にいるときは「白血球」が細胞にあたります。血管中の白血球は、全身に存在する免疫細胞の一部なのです。この他、有害な細菌を退治に駆けつける「顆粒球」、ウイルスに感染した細胞を壊す「キラーT細胞(CTL)」、感染した細菌やウイルスに対して抗体をつくる「B細胞」、T細胞やB細胞を誘導する「樹状細胞」、細菌や細胞の死骸を処理する「マクロファージ」など、免疫細胞の種類は多彩です。さまざまな免疫細胞の中に、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)と呼ばれる細胞がありますが、これががん免疫の主役です。
免疫力の低下しているがん患者様は、がん細胞を見分けて攻撃するNK細胞の力が落ちています。このNK細胞を活性化するがん治療法が、「免疫細胞療法」です。現在、免疫細胞療法と呼ばれる治療法はいくつもあり、そのうちの1つがANK免疫細胞療法です。

免疫細胞療法の仕組み

免疫細胞療法の流れ

まず、体の外に血液を循環させて、NK細胞を含むリンパ球を採りだし、その中にいるNK細胞をサイトカイン(免疫システムの細胞から分泌されるたんぱく質)などで活性化させてから、3週間かけて増殖させ、点滴で体内に戻します。すると、そのNK細胞ががんを攻撃するとともに、体内のNK細胞を活性化するサイトカインを出して、がんに抑制されていた免疫を回復させるのです。

免疫細胞療法の流れ

がんの相談センター

がんの症状・お悩み一覧へもどる

ご相談・資料請求はこちら