ウェルネスコラム「胃がんの手術と化学療法を拒否してANK免疫細胞療法を実施」

ウェルネスコラム

症例報告

胃がんの手術と化学療法を拒否してANK免疫細胞療法を実施

化学療法を拒否した患者様にANK免疫細胞療法を実施した症例です。

F.T様は、胃がんでステージ2と診断されましたが、手術と化学療法のいずれをも拒否し、以後2~3ヵ月ごとに内視鏡で観察していたそうです。その後、当院へ来院されました。初診時は、胃角(胃の上側の湾曲している部分)全体にがんが広がっていました。ANK免疫細胞療法を実施するためにリンパ球を採取、まずNK細胞の活性を増強する薬ハーセプチン*の投与を開始しました。そして、ハーセプチン*併用のANK免疫細胞療法に移行しました。ANK細胞の点滴を5回、ハーセプチン*の投与を2回行なったのちに再検査をしたところ、治療前の検査のときと比べて明らかに改善していました。

*ハーセプチン

【次のページ】転移の疑われる噴門がんを手術後、ANK免...

【前のページ】手術不能の胃がんにANK免疫細胞療法と抗...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら