ウェルネスコラム「子宮癌を乗り越えて出産した女性のニュースに思うこと」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

子宮癌を乗り越えて出産した女性のニュースに思うこと

THE HUFFINGTON POSTに、こんなニュースがでていました。

アメリカのカリフォルニア州出身のジェイミーさんという女性(30歳)は、双子を妊娠していました。妊娠している間に、子宮頸がんの再発が判明したのです。

既に出産経験があり、2歳の娘を育てているジェイミーさんですが、以前子宮がんの治療を受けて克服した経験がありました。治療の際、卵巣をひとつ切除していましたが、再び妊娠することができました。

しかし、妊娠がわかった直後に子宮頸がんの再発がわかったのです。

治療が胎児に影響を与える可能性があるため、妊婦のがん治療は難しいものです。ジェイミーさんはスタンフォード大学にあるメディカルケアセンターで、影響のないように治療を受けました。

ジェイミーさんの兄弟のクリス・スナイダーさんは、テレビのインタビューに対し「赤ちゃんたちの発達に影響のないように、赤ちゃんたちが無事に生まれてこられるように化学療法を制限していました。ジェイミーは赤ちゃんたちが無事に生まれてこられるよう、非常に気をつかっていました。彼女は赤ちゃんたちの命と自分の命を引き換えにしたのです」と語ったそうです。

双子は妊娠33週で生まれた超未熟児だったものの、健康な赤ちゃんでした。

そして子宮頸がんを再発しないよう、出産後に子宮の全摘手術を受けました。しかし、子宮の全摘手術を受けた翌日、ジェイミーさんは心不全で亡くなってしまったのです。

ジェイミーさんが命がけでこの世に送り出した双子は既に退院し、ジェイミーさんの実家で暮らしているそうです。実家でしばらく暮らし、安全に移動ができるまでに育ったら、お父さんとお姉さんが住む地域に行く予定だそうです。

ジェイミーさんは化学療法を受けなかったということですが、その代わりにおそらく分子標的薬の治療を受けたのかもしれません。分子標的薬は心臓に対して副作用が強く出ることが知られています。子宮全摘術の翌日に心不全で亡くなった原因は、もしかすると分子標的薬の副作用で心臓が弱くなったところへ手術のストレスが加わったためかもしれません。

【次のページ】郵送がん検診のデメリット

【前のページ】『医者の罪と罰』のお礼の手紙

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら