ウェルネスコラム「将来の免疫療法の主役は免疫細胞療法へ」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

将来の免疫療法の主役は免疫細胞療法へ

現在は免疫系の薬ががん治療の主役

オプジーボは、新たな免疫療法として脚光を浴びました。

しかし、薬による免疫療法は、それ以前から多くの医療機関で実施されています。

すなわち、各種の分子標的薬による治療です。

分子標的薬も、広い意味で抗がん剤のカテゴリーに入る薬ですが、従来の抗がん剤(殺細胞剤)とは、まったく作用が違います。これらは、殺細胞剤のように細胞を傷害するのではなく、主に増殖を抑えることを目的とする薬です。

では、がん細胞を殺すものは何か。

それがまさに、体内のNK細胞なのです。

分子標的薬の中には、ハーセプチンなどの「抗体医薬品」というタイプがあり、可能なかぎり、NK細胞の細胞傷害活性を高める「ADCC活性」を付与されています。

薬でがんの増殖を抑えている間に、NK細胞にがんを攻撃させるというコンセプトが、新薬開発ではすでにメインストリームになっているのです。

薬は免疫療法の中では「次善の策」

そういう薬が作られているなら、わざわざNK細胞を体の外に取り出して、培養する意味などないのではないか。

そう考える人もいるかもしれません。

しかし、私に言わせれば、薬による免疫療法は、じつは「次善の策」なのです。

がんの進行とともに、体内のNK細胞は活性が低下しています。これは「免疫抑制」と言って、がんという病気の大きな特徴です。

しかも免疫抑制は、薬で元に戻せるほど生易しいものではありません。

だからこそ人類は、何十年も前から、体の外にNK細胞を採り出して再び活性化する「免疫細胞療法」を模索してきたのです。

もちろんがん免疫の主役NK細胞は極めて培養が難しいので、本格的な免疫細胞療法は、簡単には実用化されませんでした。

しかし日本では、ANK免疫細胞療法という合理的かつ強力な免疫細胞療法の開発が成功しました。日本人研究者だからこそできた「匠の技」です。

アメリカは2つ目の免疫細胞療法を承認

他方、世界のがん治療のトレンドは、日本国内だけを見ていてもわかりません。

今や世界では、分子標的薬が標準治療になっていますが、日本ではそうなっていません。

素晴らしい国民皆保険のシステムが、逆に予算の制約となって、新たな治療の普及に関してはマイナスに働いてしまうからです。

そして、世界的に見たとき、がん治療の主役の座は、分子標的薬から、さらに「免疫細胞療法」に移行しつつあると思われます。

アメリカでは、すでに2010年にシプリューセルT(プロベンジ)という免疫細胞療法がFDAの承認を受けていますが、2017年7月には、2つ目の免疫細胞療法としてCAR-T療法(キムリア)が承認されました。

CAR-T療法とは、T細胞に遺伝子を人工的に加えるものです。

こうした治療法が相次いで承認されているということは、まさしく「免疫細胞療法時代の幕開け」を告げているように思えます。

【次のページ】アメリカで承認されたがん治療法「CAR-...

【前のページ】国は免疫療法に否定的なのか

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら