ウェルネスコラム「大腸がんのリスクを高める飲酒量 具体的な数値が明らかに」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

大腸がんのリスクを高める飲酒量 具体的な数値が明らかに

大腸がんは、胃がん、肺がんと並んで日本人にとって脅威となっているがんです。

先日発表されたがんセンターの統計によると、大腸がんは女性で最も死亡数が多いがん種であり、また男女計では肺がんに続いて第2位となっています。


大腸がんにならないためには、日々何を心がければいいのでしょうか。


予防のためには、毎日適度な運動をする、食物繊維やカルシウム、ビタミンDが多い食品を食べるなどが挙げられます。また、過度の飲酒は避けた方がよいともいわれています。


先日、大腸がんと飲酒の相関関係について、日本経済新聞の情報サイト「NIKKEI STYLE」に興味深い記事が出ていました。


この記事の中で引用されているのが、国立がん研究センターの調査です。大腸がんのリスクを高める要因として、喫煙や肥満、運動不足を抑えて唯一確実に相関関係があるとされているのが「飲酒」です。次に「肥満」となっています。


飲酒量の調査結果では、純アルコール摂取量に換算して、23~45.9g/日、46~68.9g/日、69~91.9g/日、92g以上/日のグループで全く飲酒をしないグループよりもそれぞれ1.4倍、2.0倍、2.2倍、3.0倍と、アルコールの量に比例してリスクが高くなっていることが判明しました。


女性に関しても、アルコール摂取量は23g以上/日のグループは、飲まないグループよりもリスクが1.6倍に高まるということが明らかになっています。


また、1日2合未満の飲酒でも、日本人はアルコール耐性が低いことから大腸がんにかかるリスクが1.4倍~1.8倍も上昇するということが指摘されています。


飲酒はやはり大腸がんにとっては天敵であることが判明しました。記事中でも指摘されているとおり、大腸がんは早期発見・早期治療で治る見込みが高いがんです。40歳を超えたら年に1度は大腸がん検診へ行きましょう。


大腸がんで亡くなる女性が多い理由は、飲酒ではなく、健診(内視鏡検査)を受けることに抵抗があるからだと言われています。大腸がんはサイレントキャンサー(静かながん)と言われ、自覚症状が出てくるころには転移するほど進行しているので、完治が難しいのです。


飲酒は、大腸だけでなくあらゆる消化器がんと因果関係があります。大腸がんを予防する最も有効な方法は、毎年便潜血検査を受けることです。2回のうち1回でも陽性になったら精密検査(大腸内視鏡)を受けることです。たいていはポリープが見つかることが多いのです。私の経験では、ポリープは100人中数名、がんは1000名中1名の割合です。しかし、大腸がんのほとんどはポリープががん化するので、ポリープを見つけたら切除することで確実に大腸がんを予防できるのです。


参考URL:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20919700Y7A900C1000000?channel=DF140920160927

大腸がんのリスク、酒が確実に高める では許容量は?

【次のページ】戦いに疲れた免疫細胞、再び力を取り戻す方...

【前のページ】免疫療法薬「キイトルーダ」を選択する医師...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら