ウェルネスコラム「切らない組織診断で大腸がんを診断可能に――大阪大」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

切らない組織診断で大腸がんを診断可能に――大阪大

大阪大学は、がん診断の際に生体組織の深部を可視化することで、がんの病変から組織を切除せずにがんの診断できる診断技術「多光子励起イメージング技術」を開発したと発表しました。


従来のがん診断は、病変部から切除した組織に多くの処理を施してガラス標本を作製してから診断を行なっています。この診断は組織を採取する際に人体を傷つけてしまう処置で、まれに合併症が生じることがあります。

また、採取した組織片からガラス標本を作製するまでに多くの処理工程が必要なため、患者様が検査を受けてから診断が可能になるまでに時間がかかっていました。


これらの課題を解決するために、同大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教、石井優教授、森正樹教授ら研究グループは、目的とする分子を蛍光で光らせて観察する"蛍光イメージング"の一種で、従来は1つの光粒子を用いていたものを、2つ以上用いて観察を行なう「多光子励起イメージング技術」を開発しました。この技術により、多くの処理工程を行なうことなく、素早くリアルタイムに大腸がんを診断することが可能になりました。


大腸がんは国内で一番患者数が多いがんで、死亡者数は肺がんに次いで2番目に多く、国民の脅威となっています。早期発見・早期治療が極めて重要なことは言うまでもありません。がん検査を行なうハードルが下がり、またより多くの方が診断を行なえるようになる今回の発見は大変喜ばしいことです。


内視鏡でNBIという波長を変えてがん病変を診断する方法は既に確立していますが、最終的には生検で病理診断しなければなりません。今回の発明によって、光粒子を2つ以上用いて直接がんの診断をすることが可能になったといいます。これはNBIよりはるかに優れた診断法で、今後内視鏡などの医療機器へ応用されれば、近い将来、大腸がんだけでなく、胃がんや食道がんの診断などの精度向上に大きく貢献すると期待される、画期的な発明です。

【次のページ】免疫薬「オプジーボ」と免疫療法との併用リ...

【前のページ】胃がん治療に先見 手術による胃の全摘出4...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら