ウェルネスコラム「免疫ゲノム解析で、胃がん組織におけるリンパ球の関与の仕方が明らかに」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

免疫ゲノム解析で、胃がん組織におけるリンパ球の関与の仕方が明らかに

東京医科歯科大学、東京大学は共同研究で、胃がん組織内のリンパ球で侵入してきた異物を排出する仕組み・抗原受容体の全体像を明らかにし、その中で、硫酸化グリコサミノグリカンががん組織における主要ながん免疫抗原であることを、次世代シーケンサーを用いた免疫ゲノム解析で突き止めたことを発表しました。


次世代シーケンサーは、数千万〜数億個といった大量のDNA断片の塩基配列を一斉に解読することを可能にする機器で、従来のシーケンス法では困難であった超大規模なDNA解読を迅速に行うことができます。


近年、胃がんは肺がんや大腸がんと並んで多くの日本人がかかるがんの一つで、国内では年間約5万人の方が亡くなっています。

胃がんの中でも、表面的には目立たずに胃の壁の中を染み入るように侵していく「びまん型胃癌(スキルス胃癌)」については、がん免疫システムの全体像の解明が特に求められていました


東京医科歯科大学難治疾患研究所ゲノム病理学分野の石川俊平教授と加藤洋人助教、河村大輔助教らは、東京大学先端科学技術研究センターゲノムサイエンス部門油谷浩幸教授及び大学院医学系研究科人体病理学・病理診断学分野深山正久教授との共同研究の中で、胃がん組織に浸潤してがん細胞に対抗するBリンパ球に注目しました。浸潤するBリンパ球が持つ抗体の遺伝子配列を詳細に解析した結果、がん組織では特定のBリンパ球が特に増えていることが多いことがわかりました。


このBリンパ球が作り出す抗体は、その多くが硫酸化グリコサミノグリカンと呼ばれる、糖と呼ばれる物質がたくさん連なった構造を持つ物質を判別することができ、研究の中で硫酸化グリコサミノグリカンがB細胞にとっての主要ながん免疫抗原であることが判明しました。またこの抗体を人工的に合成した結果、がん細胞の増殖を抑制する効果を持つものも見つかり、がん治療への応用の可能性が見えてきたのです。


今回の研究で、これまで明らかにされていなかった、胃がん組織内でがんに対抗するリンパ球の構造が明らかになりました。がん治療において、新しい薬剤や治療法に繋がる重要な成果であるといえるでしょう。


Bリンパ球は抗体産生する免疫細胞で主として血液中に存在するので液性免疫と呼ばれる免疫細胞です。Bリンパ球は主に感染防御で働く免疫細胞ですが自己免疫疾患、アレルギーの原因となったり悪化要因となったりします。またBリンパ球に制御性B細胞の存在が明らかになり腫瘍免疫に対して抑制的に働くことが示唆されています。今回の研究ではBリンパ球のがんに対しての新たな発見といえるでしょう。現在開発中の抗がん剤はすべて分子標的薬であり、抗体医薬品が大半を占めています。今回の発見が新たな抗体医薬品の開発に繋がることを期待します。

【次のページ】75歳以上のがん患者、「積極的治療を望ま...

【前のページ】「自分ががん患者なら、抗がん剤治療は受け...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら