ウェルネスコラム「高齢患者への抗がん剤の効果の大規模調査ついて」

ウェルネスコラム

理事長ブログ

高齢患者への抗がん剤の効果の大規模調査ついて

厚生労働省は、抗がん剤についての大規模調査を行なう方針を発表しました。

抗がん剤の治療は、がん患者様によっては副作用などの負担があまりに大きいことも多く、さらに効果がでないケースもあるとし、抗がん剤を使用した患者様と使用していない患者様の生存期間などを比較する調査を行なうとのことです。

国立がん研究センターによる、平成20年までの2年間で受診した末期肺がん患者様200人を対象とした調査では、75歳未満では抗がん剤治療を受けた患者様のほうが生存期間が長いという結果になりました。対して、75歳以上の患者様については生存期間に差が出なかったのです。

とはいえ、国立がん研究センターによる調査では、75歳以上の患者様は19人とサンプル数が十分ではありませんでした。そのような背景から、厚生労働省による大規模調査が決定されたのです。厚生労働省の調査は、より多くの数の患者様のデータを分析するものになるとのことです。

高齢化が進んだり、抗がん剤に莫大な費用がかかったりといった原因で医療費が増大していることを受け、厚生労働省は、高齢のがん患者様についての抗がん剤治療のガイドラインを作成する方針を固めました。

現在日本で使用されている抗がん剤の大半が殺細胞剤です。殺細胞剤とは、がんと同時に免疫細胞も殺すという抗がん剤のことです。がんだけでなく免疫細胞を殺すため、完治することが困難なのです。欧米では抗がん剤の大半が分子標的薬です。分子標的薬は、免疫細胞を温存してがんの勢いを弱めるのが主な働きです。

しかし、免疫細胞を温存してもがんを殺さないため、やはり延命でしかありません。

理想的ながん治療は、免疫を強化しながらがんの勢いを弱める治療、すなわちANK免疫細胞療法と分子標的薬の併用だと私は考えます。当院では日々それを実践して成果を上げています。

国立がん研究センターの調査で、小数例といえども75歳以上のがん患者様に抗がん剤を投与しても差が出なかったのは、高齢者は免疫力が低いからだと思います。

【次のページ】免疫チェックポイント阻害薬のキイトルーダ...

【前のページ】大腸がん幹細胞を標的とした治療モデルの開...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら