コラム「女性が気になっている病気のトップは「乳がん」」

コラム

2017年04月03日医療ニュース

女性が気になっている病気のトップは「乳がん」

毎年4月7日はWHO(世界保健機関)が保険に関するテーマを定めて世界的な取り組みを呼びかける「世界保健デー」です。2015年は「食品保全」、2016年は「糖尿病」でした。

日本人全体の健康意識は向上していると言われていますが、私たち日本人の普段からどこまで健康を意識できるのでしょうか。2017年2月、マクロミル社が「日ごろの健康意識・取り組みに関する調査」を全国の1,000人に実施しました。

▼あなたは、現在、ご自身の健康に関心がありますか。

  • 関心がある  38.2%
  • まあまあ関心がある  43.2%
  • どちらとも言えない  12.3%
  • あまり関心がない  3.4%
  • 関心がない  2.9%

▼自分の健康を維持・向上させるための取り組み状況

  • ある  51.5%
  • ない  48.5%

▼あなたは現在、ご自身の身体で不調を感じたり、悩んだりすることはありますか。あてはまるものをすべてお選びください。

  • 肩こり  45.6%
  • 腰痛  34.3%
  • 頭痛  31.3%
  • 眼精疲労  26.9%
  • 花粉症  24.9%
  • 睡眠不足・不眠  23.4%
  • 虫歯  21.9%
  • 鼻炎  17.8%
  • 口臭  15.6%
  • 便秘  14.2%
  • むくみ  13.3%
  • 生理痛・生理不順・PMS  13.3%
  • アレルギー症状(花粉以外)  12.5%
  • めまい  12.1%
  • その他  3.2%
  • 特に悩んでいることはない  12.7%

▼現在気になっている病気(複数回答可)※女性のみ

  • 乳がん  33.3%
  • 冷え性  27.4%
  • 更年期障害  22.6%
  • 子宮頸がん  22.2%
  • 貧血  21.6%
  • 子宮筋腫  18.5%
  • 糖尿病  16.3%
  • 子宮体がん  13.3%
  • 子宮内膜症  12.1%
  • 骨粗しょう症  10.7%
  • 高血圧  10.5%
  • 卵巣のう腫  9.1%
  • その他  2.0%
  • 特に気になっている病気はない  26.0%

▼過去3年以内で「健康診断」を受診していない理由(複数回答可)※過去3年間で「健康診断」を受けていない方のみ

  • 健康診断に行く時間が取れないから  30.5%
  • 行くのが面倒くさいから  25.0%
  • 健康診断にかかるお金がもったいないから  22.7%
  • 特に身体の不調を感じないから  19.5%
  • 健康診断は自分には必要ないと感じているから  3.1%
  • 自分の健康に興味がないから  2.7%
  • その他  15.2%

https://www.macromill.com/honote/20170228/report.html
株式会社マクロミル調べ

調査の詳細レポートによると、約90%の人が自身の身体に何かしらの不調を感じており、その1位は「肩こり」という結果がでました。女性に関して現在気になっている病気の1位は「乳がん」です。メディアなどでも取り上げられる機会が増えていることも意識が高まってきた要因ではないかと考えられます。

一方で、「専業主婦」の1年以内の「健康診断」受診率は35%に留まっており、職場で健康診断を受診している男性と比較して大きな差が出てしまっています。地域・コミュニティによる働きかけの強化が必要なことがわかります。

男性についても、個人の意識の向上しているために健康診断を受診できているのではなく、会社の取り組みから受診するケースが多いのではないでしょうか。現在健康の維持・向上に具体的に取り組んでいるかという質問に対しての肯定的回答率をみると、30代男性が最低となっており、更なる意識改革が求められます。

今年の「世界保健デー」のテーマは「うつ病」です。健康意識の向上は一朝一夕でできることではありませんが、毎年テーマに沿って自身と家族の健康について考える機会を設けるようにしましょう。

【次のページ】食道がん、手術件数少ない病院では死亡率2...

【前のページ】平成28年度 がん対策推進企業アクション...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら