ウェルネスコラム「がん10年生存率58.5%、5年生存率69.4%―国立がんセンター発表」

ウェルネスコラム

医療ニュース

がん10年生存率58.5%、5年生存率69.4%―国立がんセンター発表

2017年2月16日、国立がんセンターは最新の統計調査の結果、10年生存率は58.5%、5年生存率は69.4%であったと発表しました。
(10年生存率は意味を誤解されやすいのですが、正しくは「がんの治療開始から10年後生存している人の割合」のことをいいます。)

調査対象は10年生存率は2000〜03年にがんと診断された人、および、5年生存率2006~08年にがんと診断された人です。
5年生存率は約10年前の1997年の62.0%から7ポイント上昇したことになります。

http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170216.html

10年生存率

10年生存率については、全国20施設で診断された約4万5千人を対象に分析。
最も高い生存率は前立腺がんで94.5%であり、甲状腺がん、子宮体がん、乳がん、子宮頸がんも高い生存率を示しています。
一方、食道がん、胆のう胆道がん、肝がん、膵臓がんは低い結果でした。特に自覚症状がほとんどなく、早期発見が難しい膵臓がんは5.1%と低くなっています。

90%以上 前立腺(94.5%)
70%以上90%未満 甲状腺(89.3%)、子宮体(81.9%)、乳(81.7%)、子宮頸(71.4%)など
50%以上70%未満 大腸(69.2%)、胃(67.3%)、腎(66.0%)など
30%以上50%未満 卵巣(45.7%)、肺(32.6%)など
30%未満 食道(29.4%)、胆のう胆道(17.3%)、肝(16.4%)、膵(5.1%)など

5年生存率

5年生存率については、全国32施設で診断された約12万人を対象に分析。
前立腺、乳、甲状腺がんの5年生存率は10年生存率同様に高い生存率を示していますが、膵臓がんもまた9.2%と10年生存率同様に低くなっています。

90%以上 前立腺(100%)、乳(93.6%)、甲状腺(92.8%)
70%以上90%未満 子宮体(86.4%)、大腸(76.3%)、子宮頸(74.6%)、胃(74.5%)など
50%以上70%未満 卵巣(61.1%)
30%以上50%未満 肺(44.7.%)、食道(43.4%)、肝(36.2%)
30%未満 胆のう胆道(28.3%)、膵(9.2%)

ステージ別の生存率は、早期の「1期」だと、全てのがんを合わせ85.3%でしたが、全身に転移が進んだ「3期」では40.9%に低下。
やはりがん治療は早期発見が鍵となることが言えます。

ただし、上記のデータは、多くのがん患者さんの平均的な数字ですので、一人ひとりの患者さんの余命を決定づける数字ではありません。参考までに留めておいてください。

今回の生存率についてのより詳しいデータは、「全国がん(成人病)センター協議会」のWEBサイトにて公開されています。
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

【次のページ】『がん治療や検査で通院しながら仕事を両立...

【前のページ】がんと診断されたらどこから情報を集めるか...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら