ウェルネスコラム「ブライトパス・バイオ株式会社とともに完全個別化がん免疫療法の共同研究―国立がん研究センター」

ウェルネスコラム

医療ニュース

ブライトパス・バイオ株式会社とともに完全個別化がん免疫療法の共同研究―国立がん研究センター

2017年10月27日、国立がん研究センターとブライトパス・バイオ株式会社は、ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法の共同研究の契約を結んだことを明らかにしました。


ネオアンチゲン(腫瘍特異的変異抗原)とは、がん細胞の遺伝子変異を含む抗原のことです。免疫系は抗原を認識して反応し、がん免疫はがん細胞が提示する抗原を目印として起こります。

免疫系は自己の正常な抗原には反応しません。しかしネオアンチゲンは正常な細胞には存在しないものであるため非自己と認識されることで、免疫反応の標的となるのです。


ブライトパス・バイオ株式会社は福岡県久留米市に本社をかまえる創薬バイオベンチャーで、免疫療法の開発を行っています。

日本国内ではテーラーメイド投与法を採用した後期臨床試験を、アメリカでは免疫チェックポイント阻害剤との併用早期臨床試験をと、2つの臨床試験を進めるがんペプチドワクチンをパイプラインとして有しています。その他、iPS細胞技術をがん免疫療法に応用する細胞医薬の開発、免疫制御分子に対する抗体、がん細胞特異的な遺伝子変異に由来するネオアンチゲンを標的とした新薬の開発にも取り組んでいます。


今回契約を結んだことが発表された共同研究は、がん細胞の遺伝子変異の中からその免疫反応を誘導するネオアンチゲンをすぐに見出す手法を開発する研究です。ネオアンチゲンは個々に異なりますが、そのネオアンチゲンを標的とした患者ごとのがんワクチンの創製を目指すのです。


研究は、国立がん研究センター先端医療開発センターの中面哲也免疫療法開発分野長が中心となって進行されます。


参考URL:http://www.qlifepro.com/news/20171031/studies-on-neo-antigens-vaccines.html

ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法の共同研究契約を締結-国がんら

【次のページ】膵(すい)がんに有効な新抗がん剤が開発へ...

【前のページ】肺がん、大腸がん、胃がんの死亡率、罹患(...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら