ウェルネスコラム「新薬「アキシカブタゲン・シロロイセル(商品名:イエスカルタ)」が承認」

ウェルネスコラム

医療ニュース

新薬「アキシカブタゲン・シロロイセル(商品名:イエスカルタ)」が承認

2017年10月18日、FDA(米国食品医薬品局)が新薬「アキシカブタゲン・シロロイセル(商品名:イエスカルタ)」を承認しました。この薬の治療対象となるのは、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの成人患者のうち、以前に2種類以上の治療を受けたあと効果がなかった、もしくは再発した人とされています。


イエスカルタの作用する仕組みは、「CAR-T」療法と呼ばれ、体から免疫に関わる細胞を取り出し、遺伝子を変えて体に戻すものです。同様にCAR-T療法とされるチサゲンレクロイセル(商品名:キムリア)は、2017年8月に急性リンパ性白血病患者の一部に対する治療として米国食品医薬品局より承認を受けました。イエスカルタは、米国食品医薬品局に承認されたCAR-T療法として2番目のものとなります。


FDA長官のスコット・ゴットリーブ氏は、「今日は難しい病気の治療に関わる科学のまったく新しいパラダイムの発展に向けてさらに一歩が刻まれた」とコメントしています。


アメリカでの表示価格は37万3000ドルとされており、臨床試験では、イエスカルタの治療後に51%の人が完全寛解となりました。


副作用については、入院が必要な程度以上のサイトカイン放出症候群が出現したのは、13%でした。サイトカイン放出症候群は、軽度のものを含めると、94%の人に出現しました。症候群の経過中に死亡した人は4人でした。


31%の人には、入院が必要な程度以上の神経学的毒性が現れました。こちらは軽度のものを含めると、87%の人に症状が現れました。その後に死亡した人もいました。


その他、感染症や、免疫系が弱ることも副作用として挙げられています。


参考URL:https://medley.life/news/59e8088bc40d0a19d9d84323/

第2の「CAR-T」免疫療法、悪性リンパ腫に対してアメリカで承認 費用は4千万円、死亡の恐れも

【次のページ】坂口力元厚生労働大臣、免疫療法の有用性を...

【前のページ】胃がん治療に対して新しい免疫療法薬が次々...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら