ウェルネスコラム「「ウイルスとがん免疫薬の併用で効果向上―東京大学、岡山大学、千葉県がんセンター研究所」」

ウェルネスコラム

医療ニュース

「ウイルスとがん免疫薬の併用で効果向上―東京大学、岡山大学、千葉県がんセンター研究所」

ウイルス療法にがん治療薬を併用して治療する研究が進んでいます。東京大学と岡山大学はそれぞれ、ヘルペスと風邪のウイルスにがん免疫薬を組み合わせ、動物実験で効果を確認しました。


東京大学の藤堂具紀教授らは、がん治療用のウイルス「G47デルタ」を開発し、これとがん免疫薬「抗PD-1抗体」を組み合わせました。


肺がんを発症したマウスにウイルスと抗PD-1抗体を組み合わせて実験すると、およそ40日間生き続けたのです。何もしないときではおよそ20日間、ウイルスと抗体を単独で与えたときではおよそ30日間だったのに比較すると、延命効果が認められました。


岡山大学の藤原俊義教授らは、ウイルス「テロメライシン」を利用しました。テロメライシンは、がん細胞で酵素「テロメラーゼ」が活発に働く環境で増殖するウイルスです。正常な細胞では、増殖しません。


大腸がんを発症したマウスにテロメライシンと抗PD-1抗体を組み合わせて実験すると、腫瘍の成長が抑制され、12匹いたマウスのうち4匹では腫瘍が消失しました。


千葉県がんセンター研究所の田川雅敏部長らは、がん抑制遺伝子の働きを助けるMDM2阻害剤と、改変したアデノウイルスとを組み合わせました。


投与したのは、悪性中皮腫。がん細胞にウイルスを単独投与したケースに比較し、MDM2阻害剤とウイルスを組み合わせるとおよそ4倍の数の細胞が死滅しました。


研究の成果は、2017年10月28日から横浜市で始まる日本癌(がん)学会で発表される予定です。


参考URL:https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21476990U7A920C1TJM000/

がん治療、ウイルス+αで 免疫薬併用で効果向上


【次のページ】胃がん治療に対して新しい免疫療法薬が次々...

【前のページ】胃がんが大腸がんを抜いて罹患(りかん)者...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら