ウェルネスコラム「島津製作所が痛みのない高精度な乳がん検査装置を発売」

ウェルネスコラム

医療ニュース

島津製作所が痛みのない高精度な乳がん検査装置を発売

島津製作所は、痛みがなく検査精度が高い乳がん検査を支援する乳房専用PET装置「Elmammo Avant Class(エルマンモ アヴァン クラス)」を発売しました。


乳がんにかかる患者数は国内で年々増加しており、国立がん研究センターが毎年発表している統計によれば、女性が一番かかりやすいがんは乳がんで、死亡率もあらゆるがんの中で5番目に高くなっています。


乳がんはステージ1期で発見できればがんと診断されてから10年後に生存している割合は90%を超えます。しかしステージの進行につれて生存率は低くなり、ステージ4になると5年後生存している確率は5割を切ってしまいます。

また、日本人女性は病変が見つかりにくい高濃度乳房が多いとされ、検査方法によっては乳がんが発見できにくいことも問題になっています。


本製品は、全身PET装置の約2倍の解像度でより精密な診断情報まで得ることが可能になります。また、乳房を圧迫しないので、マンモグラフィ検査のような圧迫による痛みはありません。


被験者は装置の上でうつぶせになり、検出器ホールに片側ずつ乳房を入れて、片胸5分~7分、ポジショニングを含めて15分前後で両胸の検査をします。


本製品で得られた診断情報を、今後より高度な乳がん治療に生かすことも期待されています。


参考URL:http://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000dlbs.html

【次のページ】アジア初 マグネシウム摂取量と虚血性心疾...

【前のページ】がん免疫治療薬「オプジーボ」による副作用...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら