ウェルネスコラム「医師・薬剤師の25%が抗がん剤治療に消極的―大森赤十字病院」

ウェルネスコラム

医療ニュース

医師・薬剤師の25%が抗がん剤治療に消極的―大森赤十字病院

大森赤十字病院(東京都大田区)の佐々木慎・外科部長は、医師と薬剤師のうち、4人に1人が「自分が進行がんの患者だったら抗がん剤治療は受けない」と感じているという調査結果を発表しました。


調査は、昨年に実施されたもので、大森赤十字病院のほか東京都と神奈川県でがん治療を実施する大規模病院5院を対象にしたもので、医師53人、薬剤師29人の合計82人が回答しました。


医師や薬剤師自身が胃がんにかかったと想定し、抗がん剤治療などについての考え方を調査しました。

「抗がん剤治療を受けたくない」「抗がん剤治療は限定的であれば受けても良い」と回答したのが21人(25.6%)。

理由としては、「根治しないから」「時間が無駄だから」「延命を望まないから」「副作用がつらいから」が挙げられました。


抗がん剤治療に対して消極的な回答をした医師・薬剤師のうち、1人をのぞいて全員が、普段は患者に抗がん剤治療をすすめています。

抗がん剤治療をすすめている理由としては、「効果があるから」「それが仕事だから」などの理由が挙げられました。


調査者である佐々木部長は、抗がん剤は効果や副作用に個人差があるため、患者の状態や服用目的に合わせた使い方を提案する必要があるとコメントしています。

【次のページ】アプリの活用で最適な治療―ノースカロライ...

【前のページ】子宮頸がんのウイルス感染リスク、導入前と...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら