ウェルネスコラム「がんの原因の3分の2はDNA複製過程におけるエラーだと明らかに―ジョンホプキンス大学」

ウェルネスコラム

医療ニュース

がんの原因の3分の2はDNA複製過程におけるエラーだと明らかに―ジョンホプキンス大学

2017年3月23日、ジョンホプキンス大学の数学者Cristian Tomasettiと遺伝学者Bert Vogelsteinらによって、がんを発生させるDNA変異のおよそ3分の2は、細胞がDNAをコピーする際に発生したエラーが原因であることが「Science」に発表されました。


従来、環境要因や内的要因がどの程度がんに影響を及ぼすのかについて、議論が進められてきました。

その中で今回の発表では、がんを引き起こす変異のうち、細胞分裂時のDNAの複製過程で起こる誤りが3分の2、環境要因による変異が29%、遺伝などによる変異が5%ほどであることが明らかになりました。

つまり、がんは遺伝によるものではないこと、がんは生活習慣を変えることによって必ずしも防げるものではないということが明らかになったのです。


Vogelstein氏は、従来、がんの原因としては環境要因が強調されがちだったが、外部の要因ではなく体内の要因によってがんが引き起こされることが明らかになったため、今までとは異なる戦略、つまり、早期発見・早期治療に重点を置くことが必要だと述べています。


今回の発表が真実であるならば、今までとはがんに対する考えや予防策が大きく変わることでしょう。

とはいえ、環境要因は3割ほどを占めるものであり、食習慣を含め、生活習慣を度外視してもいいということではありません。

健康的な生活を送り、違和感を覚えたらすぐに医療機関に相談することが大切だということに変わりはないといえるでしょう。

【次のページ】治療中のがん患者の生産性をアプリで調査―...

【前のページ】笑いとがん治療との関係の研究が開始―大阪...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら