ウェルネスコラム「自転車通勤でがんのリスクが40%減-英グラスゴー大学」

ウェルネスコラム

医療ニュース

自転車通勤でがんのリスクが40%減-英グラスゴー大学

イギリスのグラスゴー大学の調査によると、自転車通勤によってがんや心臓疾患のリスクを減らすことができることが明らかになりました。

調査結果は、イギリスの医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表されています。

調査は、イギリスの264,337人を対象に実施されました。

調査対象者に通勤方法をヒアリングし、その後5年間の健康状態を追跡調査して年齢、性別、疾患、喫煙するかどうか、食生活などを考え合わせ、健康リスクを割り出したといいます。

調査の結果、自動車通勤をしている人、バスや電車などの公共交通機関を使って通勤している人と比較し、自転車通勤している人のほうががんのリスクが45%低く、かつ心臓病のリスクが46%低かったのです。さらに、自転車通勤している人は早死にするリスクが41%低いという結果もみられました。

また徒歩通勤している人についても、自転車通勤している人ほどではありませんでしたが、健康にメリットがあることが明らかになっています。死因問わず早死にするリスクやがんで亡くなるリスクについては、自動車通勤や公共交通機関での通勤の人と同等でしたが、心臓疾患を発症するリスクが27%低く、さらに心臓疾患で亡くなるリスクは36%低いという結果がでたのです。その理由としては、自転車通勤している人のほうが徒歩通勤している人よりも長距離通勤していること、運動強度が自転車のほうが強いことが挙げられます。

調査結果の発表とほぼ同時に、イギリス政府はウォーキングとサイクリングについてのおよそ1700億円の投資戦略を発表しています。

【次のページ】イタリアン・コーヒーとがんの関連が明らか...

【前のページ】がん探知犬による尿検査がスタート 山形県...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら