ウェルネスコラム「国立がん研究センター、製薬会社と共同で希少がん研究プロジェクトを推進」

ウェルネスコラム

医療ニュース

国立がん研究センター、製薬会社と共同で希少がん研究プロジェクトを推進

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170731.html

"希少がんの研究開発・ゲノム医療を産学共同で推進「MASTER KEYプロジェクト」開始"


国立研究開発法人国立がん研究センターは、希少がんの研究開発およびゲノム医療を推進する産学共同プロジェクト「MASTER KEYプロジェクト」の開始を発表しました。


希少がんは、それぞれのがんの患者数が少ないため、診療データが蓄積されてきていないことが研究開発や臨床試験の実施を難しくしてきました。

日本では、発生率が人口10万人あたり6例未満、かつ、数が少ないため診療・受療上の問題が他のがん種に比べて大きいがん種を希少がんとして扱うことが定められています。


このように、希少がんの患者様は少なく非常に限定されるため、多くの製薬企業では希少がんに効果がある抗がん剤の開発は、他の抗がん剤開発と比較して遅れがちになっていました。


そんな状況を変えるべく、今回のプロジェクトでは、国立がん研究センターと製薬企業が一丸となり、希少がんのDNAを網羅的に調べ、その結果をもとにより効率的、効果的に希少がんの治療を行なうことを目指します。


プロジェクトでは、次の二つを柱に据えています。

一つは、希少がん患者様の遺伝子情報や診療情報、予後データなどを収集し、研究の基礎データとなる大規模なデータベースを構築していく研究です。データは、参加企業とともに保持し、薬の開発研究などに使用されます。


もう一つは、バスケット型デザインと呼ばれる新しい方法で臨床試験を行ないます。

この臨床試験は、がん種を限定せず特定のバイオマーカー(遺伝子異常・タンパク発現など)を持つ患者様の集団に対して、そのバイオマーカーに合った薬を使用するもので、医師や企業主導による治験で実施していきます。

今回のプロジェクトの内容に同意した11社の製薬企業が治験薬と共同研究費を提供し、成果を共有しながらプロジェクトを進めていきます。


国立がん研究センターによれば、データベースの構築は2017年5月から開始しており、今後年間100例の登録と2017年秋からの臨床試験の実施を目指して準備を進めているとのことです。

加えて、今後は西日本の研究施設として京都大学医学部附属病院とも連携し、国内での実施体制の拡大を図っていくと述べています。

【次のページ】国内初 "卵巣がん"対象の遺伝性がん治療...

【前のページ】がん幹細胞の全容解明に進展―岡山大

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら