ウェルネスコラム「がん治療中の気をつける食事について」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がん治療中の気をつける食事について

治療前、治療中、治療後の食事は、がん治療において重要な要素となります。

これはがん治療以外でも当然いえることですが、身体のバランスを保つためには、ビタミンやたんぱく質、脂肪、ミネラル、炭水化物といった適切な栄養素を十分に摂取しなければなりません。

しかしがんにかかると、吐き気や食欲不振、下痢、便秘、嘔吐、傷み、嚥下障害、疲労感などといった辛い症状がでたり、がん治療によって副作用がでたりすることで、十分な栄養を摂ることができない場合が多いのです。

ただ、十分に栄養を摂取できていないと、身体がさらに衰弱し、がんの治療に耐えられなくなってしまう可能性があります。

がんの治療中、治療前後に適切な栄養を摂取することで、体力を維持し、がんの症状や副作用に対してある程度容易に対処することができるようになるものです。

がんの治療中の適切な食事は、がんによる影響やがん治療の副作用に対する対処が容易になります。
また、栄養状態によっては予後が良好になることが期待されます。

がんの手術後の食事

がんの手術後は、傷の治癒や体力の回復のため、より多くの栄養が必要となります。 しかし、手術の種類によっては食べ物の摂取に影響が出ることもあります。

手術後の食事については、少量の食事をこまぎれにとる、ゆっくり噛んで食べる、消化しにくい食品(食物繊維の多い野菜や食品など)は避ける、食べやすい調理法を選択する、水分をしっかり摂るなどに留意し、栄養バランスを保ちましょう。

おすすめ関連ページ

【次のページ】肝臓がんの抗がん剤治療について

【前のページ】すい臓がんの転移について

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら