コラム「絨毛がんの検査・ステージ・治療方法について」

コラム

2017年07月04日がん治療コラム

絨毛がんの検査・ステージ・治療方法について

絨毛がんの検査

尿中に排出されるホルモンの量を測定するほか、X線検査やX線CT検査などが実施されます。

絨毛がんのステージ

絨毛がんのステージは、1期~4期の4つのステージに分類されます。

  • 1期: がんが子宮内に留まっている状態
  • 2期: がんが子宮を越えている状態。しかし、卵巣や卵管、膣などといった性器内には留まっている状態
  • 3期: がんが肺に転移している状態
  • 4期: がんが肺以外の遠い部位に転移している状態

絨毛がんの治療

絨毛がんでは、外科療法と化学療法が中心です。外科療法では、子宮の内容物を吸引する手術や子宮の全摘術、卵巣や膣の一部をあわせて摘出する手術が実施されます。

抗がん剤は単独、もしくは手術の前後に投与されます。

がん治療について詳しく知りたい方はがん治療無料説明会でもご案内しております。

【次のページ】すい臓がんの検査・ステージ・治療方法につ...

【前のページ】精巣がん(睾丸がん)の検査・ステージ・治...

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら