ウェルネスコラム「食道がんの治療」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

食道がんの治療

食道がん(癌)のステージ(病期)

食道がん(癌)は、がん(癌)が食道壁のどのあたりまで達しているかや、他の臓器に転移しているかどうかにより、進行度は0期~Ⅳ期に分けられます。

食道がん(癌)の内視鏡的療法

0期のがん(癌)では、内視鏡的粘膜切除術が標準治療となり、この療法で根治が可能です。

食道がん(癌)の外科療法

浸潤や転移のないⅠ期、Ⅱ期、Ⅲ期のがん(癌)では、手術が標準治療となります。

食道がん(癌)でも、がん(癌)が発生した部位によって手術法が異なります。

一般的には、頸部食道がん(癌)、胸部食道がん(癌)、腹部食道がん(癌)で手術法が使い分けられます。

食道がん(癌)の化学放射線療法

化学療法と放射線療法を1カ月以上かけて同時並行で実施する治療法です。

科学放射線療法の目的は、手術を実施しやすくすることです。

【次のページ】前立腺がんの治療

【前のページ】肺がんの治療

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら