ウェルネスコラム「乳がんの治療」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

乳がんの治療

乳がんの治療

乳がんは、触診やマンモグラフィー検査などで発見されます。

乳がん治療においては、外科療法と放射線療法、化学療法が組み合わせられます。

乳がんと外科療法

従来、乳がんでは、がんだけでなく乳房そのものを切除する治療が一般的でした。しかし近年では、乳房温存術が主流となっています。乳房温存術とは、切除する範囲を最低限にするものです。切除の後、放射線療法で残存しているかもしれないがんを殺す方法が一般的です。

乳がんと放射線療法

外科療法の後に残存している可能性のあるがんを殺すほか、転移を予防するために照射するケースもあります。

乳がんと抗がん剤

乳がんは、薬の効果があらわれやすいがんです。手術前に抗がん剤を投与してがんを縮小させる術前化学療法と、外科療法などを実施した後、再発の予防のために抗がん剤を活用することがあります。

【次のページ】膀胱がんの治療

【前のページ】前立腺がんの治療

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら