ウェルネスコラム「膀胱がんの治療」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

膀胱がんの治療

膀胱がん(癌)のステージ(病期)

膀胱がん(癌)は高齢の方に多く発症する病気です。根が浅い表在がん(癌)、膀胱の筋肉までがん(癌)が入りこんだ浸潤がんと、さらに転移がん(癌)とで治療方法が大きく異なるという大きな特徴があります。

膀胱がん(癌)のステージは、がん(癌)の深度によって、Tis、Ta、T1、T2、T3、T4の6つの段階に分けられています。T1までは表在がん(癌)、T2以降が浸潤がん(癌)に分類されます。

  • ・TiS:表皮内
  • ・Ta:浸潤していない
  • ・T1:粘膜下層まで
  • ・T2:筋肉層の半ばあたりまで
  • ・T3:筋肉層の半ばより深い
  • ・T4:膀胱壁を越え、その他の臓器にまでおよんでいる

膀胱がん(癌)の治療は、筋層浸潤癌を有さない比較的早期の表在がん(癌)と、筋層浸潤癌の浸潤がん(浸潤性膀胱がん)に分けて考えられます。

膀胱がんの標準治療との相性(手術、放射線治療、抗がん剤)

膀胱がん(癌)では、手術が中心となります。

がん(癌)のステージによって手術の種類が異なり、表在がんでは内視鏡手術、浸潤がんでは開腹手術を選択することが一般的です。

内視鏡手術は専用の内視鏡で腫瘍を切除するTURBT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)です。

浸潤がん(癌)では、開腹手術で基本的にすべて前立腺全摘除術になります。膀胱をすべて摘出し、女性患者では子宮、男性では精のうと前立腺を摘出し、腹部に排尿口を設置します。

化学療法は、転移・再発予防のために選択されることがあります。

放射線療法は、浸潤がん(癌)に実施され、化学療法と併用されることが多いものです。

【次のページ】すい臓がんの症状と原因

【前のページ】乳がんの治療

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら