ウェルネスコラム「胃がん患者様のおすすめの食事」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

胃がん患者様のおすすめの食事

胃がんで手術を受けると、術前と同じように食事することが難しくなります。

食べ方としては、食事の回数を増やし、1回の食事の量を減らすこと、またよく噛んでゆっくり食事するように気をつけましょう。

食事内容としては、消化のいいもの、食べやすいものを摂るようにします。

具体的におすすめのレシピを、肉類、魚類、野菜、果物に分けて紹介します。

肉類でおすすめの食べ方は、ミンチを使ったレシピです。

肉団子やそぼろなどが食べやすいでしょう。

魚類では、一般的な和食であれば問題ないですが、繊維の多いものは食べにくいものです。

野菜については、繊維質のものは避けましょう。

生野菜は食べにくいので避けて、煮たり、温野菜にしたりとやわらかくした状態で摂るようにします。

果物は、ゼリーやジュースで摂ることをおすすめします。

胃がんの患者様は、生野菜や海藻類、きのこ類、豆類などは詰まりやすく、あくが強いため、食べにくいとされています。

また、ダンピング症候群を起こさないための配慮も必要です。

食材選びと合わせて、冒頭でご紹介したように、少量をゆっくり噛んで摂ることを守り、きちんと栄養を摂るようにしてください。

【次のページ】胃がんの種類

【前のページ】胃がんの転移と再発率

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら