ウェルネスコラム「胃がんと化学療法」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

胃がんと化学療法

がんの標準治療(三大療法)といわれるのが、外科療法(手術)、化学療法(薬物療法)、放射線治療です。

今回は、そのうち、化学療法と胃がんについて解説します。

胃がんにおける化学療法には、補助化学療法と緩和的化学療法の二種類があります。

補助化学療法は、化学療法と手術を組み合わせる治療法です。

緩和的化学療法は、手術のみでの胃がんの治療が難しい場合、症状の緩和や進行の抑制、延命を目的として行われる化学療法です。

使用する薬剤は、フルオロピリミジン系薬剤(フルオロウラシル[商品名:5-FU]、S-1、カペシタビンなど)、プラチナ系薬剤(シスプラチン、オキサリプラチン)、タキサン系薬剤(パクリタキセル、ドセタキセル)、塩酸イリノテカン、ラムシルマブなどの抗がん剤が単独または組み合わせて用いられます。

胃がんの化学療法においては、ルオロピリミジン系薬剤、塩酸イリノテカン、タキサン系薬剤、プラチナ系薬剤、ラムシルマブなどといった薬剤が使用されます。

およそ1割から2割の胃がんでは、HER2というタンパク質ががん細胞の増殖に影響を及ぼしています。

HER2を検査し、その結果が陽性であれば、分子標的薬であるトラスツズマブを併用します。

胃がんの治療は手術が基本ですが、目的や状態によっては化学療法を組み合わせます。

目的や状態を医師とよく相談の上、治療法を選択するようにしましょう。

【次のページ】ピロリ菌の除菌とは

【前のページ】胃がん治療のガイドラインについて

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら