コラム「前立腺がんの予防策」

コラム

2017年08月04日がん治療コラム

前立腺がんの予防策

前立腺がんは、男性だけがもつ臓器である前立腺にできるがんです。

前立腺は恥骨の裏側にあり、精液の一部が作られています。

前立腺がんは、前立腺の細胞が秩序を失って自己増殖することで発生します。

その原因は遺伝子異常といわれていますが、まだ解明されていません。

前立腺がんの原因として明らかになっているのは、家族歴、年齢、人種です。

欧米に多いがんであることから、欧米型の食生活との関連性が大きいともいわれています。

乳製品や動物性脂肪を控えることが前立腺がんの予防になるといえるでしょう。

また、大豆や魚、野菜、緑茶、コーヒーが前立腺がんのリスクを低下する、適度な運動が前立腺がんの予防につながるという研究結果もあります。

明らかになっている部分はまだ少ないですが、生活習慣病やその他のがんの予防と同様、食生活や運動習慣をはじめとした生活習慣を整えることが前立腺がんの予防策になるといえるでしょう。

また、前立腺がんの早期発見に役立つのがPSA検査です。

PSAとは、prostate specific antigen(前立腺特異抗原)の頭文字をとったもので、精液中に分泌されるタンパク質の一種です。

健康な人はPSAがおよそ2ng/mLですが、前立腺の異常によって濃度が高くなります。

他のがんと同様、前立腺がんにおいても早期発見・早期治療が重要です。

異常があればすぐに医療機関に相談してください。

がん治療についてご相談窓口を設けております。小さなことでも結構ですのでご相談ください。

がん(癌)治療のご相談窓口

【次のページ】前立腺がん 4つの検査方法のご紹介

【前のページ】乳がんを早期発見するための自己検診方法

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら