ウェルネスコラム「がんを完治させるために知っておきたいリンパ性転移・血行性転移・癌播種性転移」

ウェルネスコラム

がん治療コラム

がんを完治させるために知っておきたいリンパ性転移・血行性転移・癌播種性転移

がん細胞は、リンパや血液の流れに乗って移動し、増殖することで転移します。

転移がなければがんは完治できるともいわれるほど、がんの転移は防ぎたいものなのです。

がんの転移には、転移の経路によってリンパ性転移、血行性転移、播種性転移の3つの種類に分類されます。

それぞれについて解説しましょう。

リンパ行性転移とは

リンパ性転移とは、リンパに乗ってがん細胞が転移することです。リンパの流れに乗ってリンパ節にがん細胞が到達し、増殖するのみならず、離れた場所のリンパ節にも転移します。

血行性転移とは

血行性転移とは、静脈(心臓へと戻っていく血液を運んでいる血管のこと)の流れに乗り、がん細胞が転移するものです。原発巣から離れた場所で、血管の壁を壊してがん細胞が飛び出し、そこで増殖するものです。

播種性転移とは

播種性転移とは、点々とがん細胞が転移するものです。種をまいたように転移することから、この名前がつけられています。胃がんや肺がんでよくみられます。

転移には種類があり、それぞれに適した治療も異なります。

まずはがんを早期発見・早期治療して転移を防ぐことが第一ですが、知識として知っておきましょう。

【次のページ】がんの再発・転移と治療・検査

【前のページ】がんの性質「転移」「再発」とは

一覧へもどる

がんの相談センター

ご相談・資料請求はこちら